信州そば処手折りそばの小妻屋本店 麺一筋、妥協を許さぬ匠の技。そば・うどん・ひやむぎ・そうめん ぜひご賞味下さい。年越しそばも毎年販売。


トップページへ
初めまして!小妻屋本店です。
小妻屋本店そば畑便り
お客様の声
カタログ申込み
直売店のご案内
ご案内
≫ご注文・お支払い方法
≫特定商取引法表示
≫個人情報保護方針

小妻屋本店について
≫初めまして!
≫会社概要
≫スタッフ紹介
≫よくある質問
≫マスコミ掲載紹介
≫のし・袋の無料サービス
≫カタログ請求
≫相互リンク集

美味しさのヒミツ
≫手折りそばについて
≫美味しい茹で方

ツイッター
須坂観光マップ

営業日 2018年2月カレンダー 2018年3月カレンダー はお休みとなります。
休日に頂いたメールの返信等は、翌営業日となります。
営業時間:8時10分~17時
電話番号:026-245-3802
<フリーダイヤル>
TEL:0120-375-208
FAX:0120-395-208
※インターネットからのご注文は
24時間受け付けております。

プライバシーポリシー

ホーム年越しそばと節分そば

<年越しそばと節分そば>

現在は「年越しそば」というと大晦日に食べるそばのことを指しますが、昔は節分に食べるそばのことを

「年越しそば」と呼んでいたそうです。つまり、節分そば=年越しそばという訳ですね。

 

なぜ、節分に食べるのに年越しそばなのか調べてみたところ、 

【その①】

旧暦でいうと、ちょうど立春辺りが新年にあたるため、立春の前日である節分に食べるそばを

「年越しそば」と呼んでいた。

【その②】

節分というのは季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。

立春の前日の節分は大寒の最終日、つまり冬から春へ季節が移り変わる節目であるので、

大晦日でなく節分を本当の年越しであると考え、節分に食べるそばを「年越しそば」と呼んだ。

 

以上、2つの説がありました。

どちらも暦通りではなく、実際の季節に合わせての「年越しそば」だったんですね。

現在も出雲地方では節分にそばを食べて身を清める、という風習が残っているそうです。

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス