信州そばの特徴

<とうじそば>

信州の野麦峠周辺(松本市)に伝わる、おもてなし料理です。

小盛りしたそばを「とうじかご」という専用のかごに入れ、季節の野菜やきのこをたっぷり煮込んだ鍋に

浸し、さっと湯がいて食べます。そばをつゆに浸すことを「湯じ」といい、これが語源といわれていますが、

漢字では「投げる汁」と書いて「とうじ」と読みます。元々は、わんこそばのようにお客様が食べたら

間髪入れずにどんどんそばを食べさせ、おなかいっぱいになってもらう料理だったそうです。

そばを食べた後の鍋にご飯を入れて、おじやにして食べるのもおいしいそうですよ

 

当店のそばを食べたことのない方は、まずはお試しセットをどうぞ!