信州そばの歴史

昔から「そば」といえば「信州」といわれてきましたが、なぜかご存知でしょうか?

まず、そばの栽培の特徴として、気候に適応しやすく、吸肥性が高いため、米の育成に適さない高

冷地や痩せた土地でもよく育つ、というものがあります。また、そばの栽培には平均気温が12度、

花がついてからは日中と夜の温度差が10度以上という高原気候が適しています。

信州という地はまさに上記の条件を満たしており、そのため比較的多く栽培され、各地域で多様な

そば打ちが存在したのと同時に、技術の優れたそばメーカーが輩出したと考えられているそうです。

 

当店のそばを食べたことのない方は、まずはお試しセットをどうぞ!