信州そば処手折りそばの小妻屋本店 麺一筋、妥協を許さぬ匠の技。そば・うどん・ひやむぎ・そうめん ぜひご賞味下さい。年越しそばも毎年販売。


トップページへ
初めまして!小妻屋本店です。
小妻屋本店そば畑便り
お客様の声
カタログ申込み
直売店のご案内
ご案内
≫ご注文・お支払い方法
≫特定商取引法表示
≫個人情報保護方針

小妻屋本店について
≫初めまして!
≫会社概要
≫スタッフ紹介
≫よくある質問
≫マスコミ掲載紹介
≫のし・袋の無料サービス
≫カタログ請求
≫相互リンク集

美味しさのヒミツ
≫手折りそばについて
≫美味しい茹で方

ツイッター
須坂観光マップ

営業日 2018年2月カレンダー 2018年3月カレンダー はお休みとなります。
休日に頂いたメールの返信等は、翌営業日となります。
営業時間:8時10分~17時
電話番号:026-245-3802
<フリーダイヤル>
TEL:0120-375-208
FAX:0120-395-208
※インターネットからのご注文は
24時間受け付けております。

プライバシーポリシー

ホーム初めまして!小妻屋本店です。

 

 

 

初めまして!

小妻屋本店です。
(こづまやほんてん)
当店のホームページへようこそ(=^ー^=)

店舗画像

当店は、信州の北部「須坂(すざか)市」にあります。
江戸時代の宝暦年間初代小妻屋本店店主、久左衛門より数えて、現在九代目牧 孝宣は、地元の方に支えられ、伝統の技を守りながら、創業250年を迎えております。

【店舗名について】
その昔、須坂は生糸の生産が盛んなところでした。
ご先祖様は、北国街道を通り、江戸へ生糸を納めておりました。
その帰り道、善光寺宿にある「こづまや」という旅籠(はたご)に泊まったそうです。
ご先祖様は「こづまや」という響きが大変気に入って、「ぜひ、うち店の名前に使わせて欲しい。」とお願いし、快諾してもらったそうです。
その際に平仮名に漢字をあてて 「小妻屋(こづまや)本店」としたそうです。

【屋号について】
当店の屋号「マルサン印」を当店の商品のスミッコで見たことがありませんか?
この屋号の由来については、その昔、ご先祖様に仲良し三兄弟がいたそうです。
毛利元就の三本の矢ではありませんが、三人で力を合わせて仲良く商売を盛り上げて行こう♪
とマルの中に同じ長さの三本線を並べ、その下に蕎麦やうどんに欠かせない小麦の穂をデザインしたものを屋号としたそうです。
屋号
店舗画像

【情緒あふれる店舗】
白壁に瓦屋根、そして格子のはまった窓や引き戸は時代を感じさせる風情があります。「信州そば」の赤い暖簾をくぐると、そこはもうレトロな雰囲気一色。毎日、近くにある弊社工場からつくりたてのそばを9時~5時まで年中無休で販売しております。
須坂に遊びに来られた際には、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

【「手折りそば」について】
当店を代表する人気商品です。
一つ一つ丁寧に手で、正方形になるように折ってします。コンパクトに麺を仕上げたことで、小さな鍋でも調理しやすく、麺同士がくっつきにくくなります。麺の固さにムラが出やすい長い麺と違い、均一な固さに茹で上がります。つゆ付き一人前包装なので、常備食としても便利です。
お買い物は>>コチラからどうぞ♪

≪通信販売≫
全国のお客様に、製造工場より直接みなさんにお届けしたい!という考えから始めました。
お電話でのご注文は・・・0120-375-208(無料)
FAXでのご注文は・・・・・0120-395-208(無料)

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス