信州そばの特徴

<早そば>(はやそば)

長野県の北部、栄村の秋山郷に昔から伝わる郷土料理です。

千切りした大根を煮立て、その中に水で溶いたそば粉を入れてできた、団子状のそばです。

そばを打つよりも簡単に、しかも手早くできるので「早そば」と呼ばれています。

茹でたり洗ったりする工程がないので、通常のそばよりもそばの栄養成分や風味が残り、さらに大根を

入れることで消化も良く、普段食べるそばとは違った食感を楽しめるとのことです。

凍らせた大根を使ったりもするのだとか。

現在は長野県選択無形民俗文化財にも指定されています。

 

当店のそばを食べたことがない方は、まずはお試しセットをどうぞ!