信州そばの特徴

<高遠そば>

つゆに焼き味噌・辛味大根・ねぎが入っているのが特徴で、江戸時代には高遠藩のおもてな

料理として、将軍にも献上されたことがあるそうです。

汁気が少なく、辛味が非常に強い「高遠辛味大根」という固有の大根が使われます。

高遠藩主・保科正之は無類のそば好きであり、後に福島の会津藩主となる時もそば職人や

穀屋などを連れて行き、このそばの食べ方を伝えたとのことです。

しかも、福島の会津地方・大内宿には上記の食べ方のほかに、ねぎを箸代わりにしてそばを食べる

という食べ方のそばが「高遠そば」と呼ばれているものがあるとか…!?

 

当店のそばを食べたことがない方は、まずはお試しセットをどうぞ!